初めての葬儀(喪主)

お寺探しなら都典礼

お寺葬儀で最初に準備すべきこと(喪主)

お寺葬儀で最初に準備すべきこと(喪主) 画像

喪主の立場で葬儀を行う時に、利用する葬儀会社が決まっていない場合はあるでしょう。そこで、葬儀会社を選ぶ時の注意点などを説明します。

スポンサードリンク

【葬儀会社を選ぶ時の注意点】

希望している葬儀を行う為に葬儀会社を利用する為に掛かる費用

まず、希望している葬儀を行う為に幾ら位の費用が掛かるのか葬儀会社に見積もりを請求するといいです。その見積もりは、何にどれ位の費用が掛かるかの詳細が記載されているかをチェックするといいです。 また、葬儀で葬儀会社を利用した時に、別料金が発生したパターンは多いです。よって、葬儀会社に依頼したいプランの料金以外に、別料金が発生する可能性はないかは確認しておきましょう。

葬儀会社の社員の応対

葬儀会社の社員の応対にも良し悪しがあります。まず、希望している葬儀の形があった場合は、葬儀会社の社員の方はそれを尊重してくれるかどうかをチェックするといいです。希望している葬儀の形があった時に、葬儀会社の社員は尊重してくれないケースはあるのです。 また、葬儀でその葬儀会社を利用するに当たって、不明点が存在する場合はあるでしょう。葬儀会社の社員にこの不明点を質問した時に、どのように答えるかも大事です。例えば、葬儀会社の社員に質問をした時に、面倒臭そうに乱雑な説明をされたら注意した方がいいです。

葬儀会社に押し負けて契約しないように注意

葬儀会社の社員側は出来る限り早く契約を結びたいと考えているケースはあるかも知れません。ただ、その勢いに呑まれて葬儀会社の提示するプランや料金の詳細などに対して理解不足のままで、契約してしまうのはおすすめ出来ません。 葬儀会社に押し負けて注意した方がいいでしょう。納得行かないまま流されて契約しても、葬儀で葬儀会社を利用する上で不満が出て来る事も考えられます。

葬儀会社の実績

葬儀会社として開始して何年位が経過しているのかを確認するといいです。葬儀会社を興して長い年月を経ているなら、その分だけサービスを提供して来た事が考えられます。依頼をする側としては、経験は多い方が安心出来るのではないでしょうか。 また、その葬儀会社は過去にどんな仕事をして来たのかをチェックしてみるといいです。過去の担当した仕事を確認する事で、利用するかを決める参考になることが考えられます。

葬儀会社のパンフレットをチェックする

軽くでも依頼しても良いかも知れないと思った葬儀会社は、そのパンフレットを発行しているかをチェックしましょう。そして、パンフレットを発行していたら、取り寄せてみるといいです。 このパンフレットを発行している葬儀会社は少なくありません。実際に利用する時の参考にする為に、その葬儀会社のパンフレットをよく確認してみるといいです。

葬儀会社を利用する為に掛かる費用の支払い期日

葬儀で葬儀会社を利用する為に掛かる費用の支払い期日は何時かは重要な点です。この支払い期日までに、その葬儀会社を利用する為に掛かるお金を用意する必要があるからです。 ご自身が葬儀で葬儀会社を利用する為の費用が嵩んでしまう事態もあるかも知れません。例えば、葬式で葬儀会社を利用する為には、100万円以上の費用が掛かるケースがあります。 葬儀会社を利用する為に掛かる全額の費用を把握して、支払い期日までに用意できるかを冷静に考える事をおすすめします。

【どのような形で葬式を挙げるかを配慮する】

亡くなった方の身内の方も葬儀の形に希望がある事も考えられます。よって、葬儀の形に希望がないのかをリサーチして存在したら、そちらに配慮して葬式を行うのも良いでしょう。 また、特定の宗教宗派による葬儀が行われるケースは珍しくありません。葬儀を準備する時には、こうした面にも配慮すべきだと思います。

【まとめ】

生きている内に葬式に関しては、話し合っておくといいでしょう。事前に話し合っておけば、スムーズに葬式が行いやすくなることが考えられます。

お寺の葬儀 関連記事

初めての葬儀(喪主) 画像

初めての葬儀(喪主)

喪主の立場で葬儀を行う時に、利用する葬儀会社が決まっていない場合はあるでしょう。そこで、葬儀会社を選ぶ時の注意点などを説明します。

直葬の流れ 画像

直葬の流れ

直葬とは、通夜式や告別式を行わない葬儀形式です。近親者などの少人数のみで火葬のみを行うため「火葬式」とも呼ばれており、高齢化が進む現代では直葬を選ぶ人が増えてきています。

一日葬の流れ 画像

一日葬の流れ

一日葬は、通夜式を行わずに告別式と火葬を1日だけで行う葬儀形式です。葬儀は通常通夜式と告別式で2日に渡って行われるものの、1日でシンプルに葬儀を行います。一日葬は、近年増加傾向にある新しい葬儀スタイルです。

家族葬の流れ 画像

家族葬の流れ

家族葬といえば、ひっそりと親族のみで行われる葬儀ですがどういったメリットやデメリットがあるのでしょうか?高齢化社会の現代では、高齢のため友人などが少なく参列人数が少なくなることからも葬儀自体の規模も小さくなってきています。

スポンサードリンク

宗派の教え・葬儀・焼香

参列者も念仏を唱える!浄土宗の葬儀の流れとは? 画像

参列者も念仏を唱える!浄土宗の葬儀の流れとは?

浄土宗は、平安時代に法然上人によって開かれた宗派です。本尊は阿弥陀如来となり、よく耳にするお経でもある「南無阿弥陀仏」は浄土真宗の念仏です。日本でも2番目に大きいと言われる仏教の宗派である浄土宗の葬儀の流れや焼香の方法について見ていきましょう。

葬儀は簡素な浄土真宗!宗派の教えや葬儀内容について 画像

葬儀は簡素な浄土真宗!宗派の教えや葬儀内容について

浄土真宗は、鎌倉時代初期に浄土宗の開祖である法然の弟子の親鸞が、法然の教えを継承して開いた宗派です。浄土真宗は10派に分かれていますが、その中でも本願寺派と東本願寺派が大きな流派となっています。他の宗派との葬儀内容やマナーに違いが多いとされる浄土真宗について詳しく解説していきます。

分派していても違いはあまりない?真言宗の葬儀の流れや焼香について 画像

分派していても違いはあまりない?真言宗の葬儀の流れや焼香について

真言宗は、空海が平安初期に唐で学んだ密教を基盤に広めた宗派です。真言宗の中でも分派されており、18派に分かれています。空海が修行した場とされる高野山金剛峰寺が本山とされるのは、高野山真言宗です。宗派は分かれていても、同じ真言宗ではあるので葬儀の流れや焼香に関しては大きな違いはありません。宗派の教えや葬儀の流れ、焼香について解説していきます。

曹洞宗の葬儀は儀式が多い?曹洞宗の葬儀や焼香のマナー 画像

曹洞宗の葬儀は儀式が多い?曹洞宗の葬儀や焼香のマナー

曹洞宗は、禅宗の一派です。鎌倉時代に道元が中国から伝えて全国に広まりました。ご本尊をお釈迦様とし、本山は福井県の永平寺と横浜市の総持寺にあります。曹洞宗の教えや葬儀の流れについて詳しく解説していきます。

流派の多い臨済宗!臨済宗の教えや葬儀とは? 画像

流派の多い臨済宗!臨済宗の教えや葬儀とは?

臨済宗は禅宗の1つであり、鎌倉時代に栄西によって開かれた宗派です。臨済宗の中でも多く宗派が分かれており、建仁派や東福寺派、円覚寺派などに分かれています。臨済宗には他の宗派と違って経典が指定されておらず、坐禅を修行としていることが特徴です。臨済宗の葬儀の流れや焼香方法について詳しく解説していきます。

スポンサードリンク

法要・回忌・お布施の関連記事

一周忌法要の準備とお布施 画像

一周忌法要の準備とお布施

故人が亡くなってからちょうど1年後に行われる法要です。平日に集まるのが難しい場合は、その前の土日に集まることが多いです。ただし、一周忌はできるだけ同月同日に行うのが望ましいと言われています。

三回忌法要の準備とお布施 画像

三回忌法要の準備とお布施

故人の命日から満2年に行われる法事です。故人の健康を願い、あの世でも迷いなく過ごしたもらうためのものです。2018年5月5日に亡くなった場合、2020年5月5日が三回忌となります。一周忌からちょうど1年後ですね。

十七回忌法要の準備とお布施 画像

十七回忌法要の準備とお布施

十七回忌になると、ごく身近な親族のみで行うか、そもそも法事を行わないことが多いです。仏事を大切にする家庭でも、十三回忌を一区切りとすることが増えてきました。一周忌以降は3と7のつく年数に法事が行われる風習があり、三回忌、七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌、三十七回忌、四十三回忌、四十七回忌、五十回忌が一般的です。

四十九日法要の準備とお布施 画像

四十九日法要の準備とお布施

来世の行き先が決まる大事な日で、満中陰(まんちゅういん)と呼ばれます。故人が成仏して極楽浄土へ行けるように、親族や仲の良かった人が集まって法要をします。故人が亡くなってから四十九日目に行うのが望ましいですが、平日で都合がつかない場合は四十九日前の土日に行うこととされています。四十九日後は望ましくありません。

お客さまの声・感想

↑ PAGE TOP